生命のいぶき!

0
     
    10月11日

    ちょっとお久しぶりです・・・・・
    なのに・・・・・
    金木犀は、まだ、堅いままです・・・・


    ずいぶん、秋めいて、朝晩冷えてきましたが、それでも、まだ、金木犀が咲かなきゃ!?と、感じていないのでしょうか・・・・・

    まぁ、気長に楽しみを待ちましょう・・・・・


    ところで、今日は、新しい来年に向けての、生命のいぶきを感じさせる嬉しい画像を・・・・・



    まずは、境内入って、左側にある、「 御殿場桜 」からです。

    びっしりと、来年の春に咲くであろう、がついています!


    矢印の先にある、いくつもの小さな新芽たち
    一番 尖ったものになるそうです。
    そのほかは、 ! です。

    このような 新芽たち枝垂れ桜など、他の桜にも たくさんあります!
    来年の春が とても 楽しみです!!!


    そして、こちらは、駐車場の 黄木蓮 の  です!


    あったかそうな 産毛に包まれた かわいいが たくさん!




    先日、桃の木の樹医さん、桃の木の様子を診に来てくださった折に、いろいろお話を伺ったなかで、成長の様子を、教えて下ったので・・・・・



    ここから後は、桜の幹の画像です!

    これは、本堂前 の 枝垂れ桜 の です。



    矢印のところ・・・・・
     が、 裂けていますね!?

    これが、実は、成長した部分、なんだそうです!
    この裂け目は、あちこちに縦に入っており、幅は、ところにより違いますが小さい裂け目は1cmほど、大きいものだと、2cm近くありました。

    これが成長している幅で、こうして、幹が太くなっていってるわけです


    そして、こちらは、御殿場桜 と 八重桜 のです!




    それぞれ、なんか、のように、割れ目 が たくさん あります。

    これは、幹 が 呼吸している 口 だそうです。



    若い幹には、このような横の割れ目ができ、 もう少し成長すると、先ほどの枝垂れ桜のような、縦の裂け目になって、成長し、 もっと太くなって、大人になった幹は、だんだんと、強さを増すためによじれていく そうです。


    本堂の脇にある、大きな背の高い木、カイヅカの幹は、確かに、よじれていっています。


    動物 は、 ある年齢を過ぎると、いろいろな成長が止まっていきます植物は、生きている限り、成長を続けるのだそうです


    すごいなぁ・・・・・・

    樹医さんのお話は、大変興味深く、いつまで聞いていても飽きない、楽しいお話でした。


    今日は、新しい、生命のいぶき、お届けしました!





    金環食

    0
       
      2012年 5月 21日
      東京では、 朝 7時32分ごろ、金環食を 観ることができました


      法問寺では、昨日、無事に、施餓鬼会 が終わりました。
      今年で 3回目になる お施餓鬼 でしたが
      昨年までに比べて、少し参加された方が 少なかったので
      淋しい感がありましたが、和やかな雰囲気のなか、
      皆さんと一緒に、歌を歌い、また、お念仏をしました。

      参加予定だった お檀家さんが、 お仕事が長引き、法要に間に合わず、
      終了後、少したってから、みえました。
      とても残念そうで、 「今日は、なんの歌を歌ったんですか?」とおっしゃるので、今年は、昨年に続き、リクエストもあったので「上を向いて歩こう」、そして、「浜辺の歌」 「ふるさと」 を 歌いました。
      と、申し上げるとやはりちょっと残念そうにしていらしたので、「来年はまた、是非、ご一緒に歌ってください!?」 と申し上げましたら、 にっこり 「はい!」 と答えてくださったので、私のほうが、 ほっこり、うれしい気持ちになりました。



      その、翌朝が、今朝の、金環食でした。

      北関東のほうが、お天気はよかったようですが、
      法問寺境内からも、 金環食を観ることができました!

      雲がある、あいにくの天気でしたが、ちょうど、金環食になっている、わずかな時間、雲の合間から、くっきりと 目視では、 きれいな 金環食を 観ることができました。

      なぜ、目視では・・・と、書くか・・・・・

      画像を 追うごとに、 おわかりいただけることと思います(笑)


      かけ始めていますね・・・
      このときも雲がかかっています・・・






      本当に、徐々に細い三日月のような太陽になっていきました。
      しかし、その間にも、雲間にかくれてしまったり、また顔を出したり・・・

      ちょうど 金環食になった時に、 雲の間になってしまったら・・・と、
      どきどきさせられました・・・




      手ぶれです・・・
      三脚につけて、 太陽を追うのは、とても難しく、そのたびに見失い(雲に隠れるのもあって、見つけるのが大変であり・・・)




      逆に、ブレを気にせずに、撮ってみました・・・(ヤケではないんです・・・笑)

      でも、意外に、幻想的で、 指輪をたくさんもらえる気がしませんか・・・?(無理なこじつけですが・・・)


      そして、徐々に 逆さの三日月になっていきました・・・



      テレビなどで、見事な画像は 見られましたが、
      なにより、自分の目で、観られたこと、
      この なが〜〜〜い時間の流れの中の、
      この時間に生きていて、 観られたこと、って・・・
      これも すごいなぁ、と思います・・・


      さて、昨日の 施餓鬼会 の様子も、 近々、アップしたいと思います。
      また、お時間あるときに、是非! チェックしてください!



      1

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>

      待ってる!

      浄土宗 法問寺

      2012 蓮速報〜!

      想い持ち続けて〜大震災ポストカード支援

      2015 蓮 速報!!!

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      書いた記事数:180 最後に更新した日:2018/07/17

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM